折角だからAppleWatchはセルラー版にすべき

会社の中にいるとその会社の理念、思想、システム、商品、サービス、、その他諸々いろいろあるけど、それが基本になってしまうことは仕方がない。
さりとてこの世の中は広く、え?マジっすか! ということもあれば、あぁ、やっぱりウチと同じなんっすね… なんて驚くこともある。

スマートウォッチ

こいつもどちらかと言えばそーゆー製品だ。
分かりやすくそれを理解しようとすれば amazon.co.jp で「スマートウォッチ」とタイプしてみよう。
まぁ出るわ出るわ。


AppleWatchだけがスマートウォッチぢゃねーんだよ。

そう息巻くアンチAppleWatcher’sも大勢いらして、SNSなどでAppleWatchのネタをチビッと書こうもんなら、「えーーーーー 毎日充電必要なのぉ!!」とか「値段高すぎだよぉ」とか「思ったほど何にもできないぢゃんAppleWatch」とかって叱咤激励いただくこと多しw
まぁ分かるけどね。。。 (ΦωΦ)
だってAppleWatchと比べ物にならないほどお値段、種類の豊富さ、デザインの多さ。。。 
Appleだけがスマートウォッチ作ってるんぢゃないしね。



さてと逆に、Appleサイトをいつもニンマリしながら閲覧しているマカーの諸君。
AppleWatchと他のスマートフォンで出来ること出来ないことを比較してみて欲しい。
iPhoneを含むスマホからの通知は、電話であったりメールであったりSMSであったりLINEであったりその他SNSであったりは当たり前に閲覧することが出来る。
音楽だって再生可能なスマートウォッチだってある。
電子マネーだって使える。
心拍や様々なヘルスケア関連のアプリだって充実している。
客観的に見て、AppleWatchを選択する基準はマカーかアンチマカーかくらい分かりやすい。

と、思われがちだが…

明らかにAppleWatchと他のスマートウォッチで違う点はある。
なんだと思う?
AppleWatchには天下御免の

セルラー版がある!

聞け、マカーならびにアンチマカーよ。
AppleWatchは技適をクリアしe-SIMを内蔵した単発稼働可能な完璧なデバイスであると。
AppleGPS版もその他のスマートウォッチも母体であるスマホの電源を落としたら 通知くる? 電話出来る? 地図で案内出来る? 音楽聴ける?


AppleWachを買うのなら絶対にセルラー版をオススメする。

ミラネーゼループ

手元のAppleWatchバンドの数はひーふーみーよーいつ、、5本です。
最初に買ったミラネーゼループ、冠婚葬祭やビジネス・オールマイティーに使用出来る革の黒バンド、その反対に白のスポーツバンド、さらにグレーのスポーツループ、オサレ用に茶の革バンド。
気分に合わせて時々にバンドを付け替えられるという概念はAppleWatchの素晴しい機能のひとつだと思う。

しかしながら、ここ1年くらいズッと同じバンドを付けっぱなしにしている。
一番最初に買ったミラネーゼループだ。
ゆってみれば、これ1本で良かったのかもしれない…と思えるくらい、自然で何より装着が楽で丈夫である。



「バンドを付け替えられるという概念はAppleWatchの素晴しい機能のひとつ」
などと言い放っておきながら付け替えていない。

どのような製品でもメリット・デメリットが共存しており、完璧なんてものはないのは分かっている。
革バンドは靭やかで高級感があり素敵だが、経年劣化でいつしか接合部からモゲたりボロボロになるので耐久性があまりない。
スポーツバンドは反対にほぼ劣化知らずと言って良いほど表情に変化が無く見てても詰まらないし、実のところ暑い夏はバンドと腕の接地面に結構汗をかいて不快になる。装着にもヒトクセあって購入当初はすぐに装着出来ずにイライラしたものだ。
ではスポーツループは?というと、素材自体は簡単に表現すればマジックテープ状の化繊の帯なので、経年劣化もほぼ無いし通気性もバッチリだし装着も簡単だが、唯一バンドを外す時や少し締め付けを緩く調整する際、バリバリバリバリと中学生男子のお財布みたいな音がして結構痛い。。。


ミラネーゼループは上記のような弱点を意識するようなことほぼない。
金属アレルギーであればこれには敵わないので仕方なく諦めるが、冠婚葬祭でもカジュアルでもフォーマルでも見た目には問題ないし、スチールループを細かく編み込み成型しているので靭やかさと耐久性を併せ持ち、装着金具もマグネットなので手間要らず。
文章にすると長くなるが、端的に (らく)なのである。

AppleWachだけの特権

朝っぱらからWatchOS5の新機能

トランシーバー

のお話。

みんなも早速トランシーバーってるかい? 面白いだろぅ?
あっ、、メンゴメンゴ、君たちはAppleWatchまだ持って無かったっけw
いやマジで買った方が良いよ。なぁんて〜のぉ 直感的っつーのかなぁ?ピュッとやってパッとやってシュゥとやたらアレがアレしてコーだもん。
などとお節介なことは言わない!
AppleWatchを持ってるヤツだけが愉しめば良いさ。




AppleWatchにこのような画面が出てこればトランシーバーとして機能します。
まぁ電話しろ、、なんて声が聞こえてきそうですがノンノンノン。それやったら面白くないのよね。
ボクタチワタシタチが幼少の頃、狂ったように遊んだあのトランシーバーが今、Appleの力により現代に蘇る。
ただし、ここの画面にたどり着くまでに少しだけ設定が必要です。
必須なのはAppleWatchというのは言わずもがなだが、これはセルラー版でもGPS版でもiPhoneとペアリングさえしてあれば問題ありません。
そしてiPhoneの設定画面を開き、歯車マークのアイコンの「設定」→ 「FaceTime」に進んで、FACETIME着信用の連絡先情報 にオール✓マークを付けてください。

iPhone側の設定はここまでで、後はAppleWatchの設定だけでトランシーバーが使えます。
AppleWatchのデジタルクラウンをプチュと押します。


防犯カメラみたいなマークに黄地のアイコンがトランシーバーになるので、起動させるとトランシーバーで話したい相手を選択する画面が出ます。



ここで最大の問題といえば、連絡先の多くの人々が未だにAppleWatch不携帯ということです。
いや、不携帯とゆうより持ってない、もしくは興味ない、といったほうが良いのかもしれませんが、驚愕に値するくらいこの素晴しい時計型通信デバイスの普及が遅れているのは人類のテクノロジー進化への不感さを物語っている。
ま、いいけどね。
ほいで、今んとこAppleWatchを所有しつつ、時間問わずに連絡出来る相手と言えば、そう!1103しかおるまいて。

とゆうわけで、この続きとトランシーバーでの会話の内容はリンク先に貼ってあります Log1103 で明日9/20(木)7:00 に配信予定です。
みんな聴いてくれよな!

Podcastが聴けるのはありがたい

WatchOSが新しくなりました。
えっと、確かWatchOS5。
様々な機能が追加、ブラッシュアップされているけど個人的にありがたいのは出来そうで出来なかったAppleWatch単体でのPodcastの聴取。
AppleMusicに加入しているから、AppleWatch単体で4,000万曲のストリーミング聴取可能なんだけど、MusicのGrooveに身を委ね体をグラグラと揺するよりも、Podcastを聴いてゲラゲラ笑ってる方が楽しい。


ともかくiOSをアプデしてWatchOSをアプデした。
OSのメジャーアップデートをした場合、初期の不具合が出やすいのがこれまでだったけど、最近は上手に処理しているように思える。


iPhoneで出来ることもまだまだAppleWatchで出来ないようにリミッターがかかってるアプリも多いけど、画面で操作する関係はともかく、音や音声に関するアプリは全て解禁して欲しいもの。

PodcastアプリはiPhoneと同じアイコンで迷うこともなく、iPhoneのPodcastアプリのソレを操作する感覚と同じである。

iPhoneがまだ売れているからシラバックレてるが、Appleも薄々理解しているであろうウェアラブル端末の未来はこうしてサイレントにアップデートを重ね、いつしかAppleWatchとワイヤレスイヤホンだけで事足りる時代がくるはずだ。



身軽に

秋の三連休第一週目の最終日の敬老の日。
我が家は嫁さんが仕事、息子部活、hilo4は家事ってな感じです。
旅行だの、イベントだの、豪遊だの、そうしたこととは無縁で、部屋に溜まったダンボールと新聞紙と雑誌を近所のリサイクルボックスへ投棄しにいこうかと準備をしています。


意外に思われるかもしれませんがアタクシは結構用意周到と言いますか、買い物へ行くでもないのに近所へちょっと出かけるとなると、時計、財布、車の鍵、メモ帳、カメラ、等々をバックに詰め込むんです。
結果として何も使わないんですよ。でもやっぱり外出先でハプンがあるとイヤぢゃん?なのでしっかり用意して出かけてしまう癖があるんです。

だが、おじさんになってくると、とにかく面倒事や煩わしいことがキライになってきて、出来るだけ楽に持ち物も少なめにしたいんですわよ。わかるでしょう?
AppleWatchのSiries4が近々販売ですが今回はスルーします。
端的に買い換える魅力には欠けているし、もうSiries3で大満足なんです。
単体(iPhoneなし)で電話もかけられるし、メールもLINEも各種SNSの通知も見られちゃうし、音楽も聞けちゃう、電子マネーでお買い物も出来るし、一応時計としても機能する。
これ以上何かいるかね?と思うほどの充実ぶり。
アンチAppleWatchの方々から言わせると
「充電が毎日だなんて信じられない」とか「AppleWatchで出来ること他のスマートウォッチでほぼ出来るよ」てな感じでディスられるけど、いいの別に。
寝る時には時計外すし、三日三晩の徹夜作業とかも無いし、自分の血圧とか睡眠時間なんてものにもあまり興味もないしね。
だから今日みたいにちょっと出かけるときは、iPhoneを机の上にコロンと転がしたまま、腕にはAppleWatchとAirPodsをしてゆく。

フツーの人は多分これだけでOKだと思います。
究極的なことを言えば、iPhoneなんてもう要らね、ともマコトシヤカに思っているのはココだけの話として、iPhoneとかスマホがなきゃダメな人以外はこれで十分な気がしてます。
iPhoneやスマホはもうオワコンなんですよね。
もう10年以上も画面に通知される文字やアイコンに反応して、迅速かつ実直に対応する。
もう嫌だよ、そんなん。

もうそろそろ1段というか、全然違うアプローチで通知確認や連絡手段を速やかに出来る方法あるだろ?と思うけどな。


仕事がない休日や急務の用事が無い日はiPhoneを机の上に置いておこうよ。

今のAppleは革新を売らず製品だけを売っている

Apple好きな人々にワイワイ騒がれながらAppleは愛されてりゃ今はいいかもねだけど…、
今回の新製品発表会では、またまた性懲りもなく画面を大きくして本体をデカくして使わない機能とクロックだけ速めたCPUを載せ、ココ最近のAppleのお家芸であるプレゼンを駆使してユーザーの購買意欲を掻き立てる伝統的な手法で終わったね。


AppleComputerを好きになったのはソレではない。
常に革新的だったからだ。


コンパクトな筐体、GUI、拡張性、OS。
そりゃ欠点も多かったけど、ソレ以上に常に熱狂させる何かがそこにはあった。
PC88だ、PC98だと騒がれた時代に孤軍奮闘で68kMacを使ってたけど、それはそれで誰かに分かってもらわなくても良い、本当の意味で自己満足の世界だ。


ジョブズが作り上げ、そして去り、再び戻り、そして死んだ。
ジョブズが居た時のAppleComputerはいつも新鮮で最高だった。
スカリーやクックではダメだ。
Only thinking of selling without soul.


iPhoneもAppleWatchの成功もその筐体が素晴らしかったわけではないということを、Appleもユーザーも本質を見失っていると思う。
大切なことは革新だ。
IBMを敵に回し、それでもこの世からAppleが消滅しなかったのはそこに革新があったからでプロダクトなぞ決して褒められたものではない。
しかしIBMは流石だ。もう10年前にそのやり方ではダメだと気づいた。
ThinkPadやPowerPCという過去の栄光に縋ることもなく製造を廃しイノベーションだけを売る方式に転換した。それもあっさりと。
近い将来クック率いるAppleはまたスカリーが指揮をとっていたころと同じく窮地に立たされるであろう。

革新を売ってこそAppleだ。

やはりAirPodsか

コーヒーをいれて金にも成らない投稿をする。
う〜ん、馬鹿げてて良いぢゃないか。

嫁さんには、お父さんのいろいろな特技がお金になればいいのだけれど… と、褒めてるのかディスってんのか分からない言葉をかけられるけど、多分お金になることは無いのでゴメンナサイという気持ちでいっぱいです。

AirPodsのその後ですw
購入してカレコレ1年くらい経ったかな?
当時「耳からうどん」と日本国内では酷評され、そうは言いつつもコレを皮切りに各社こぞって左右完全独立型bluetoothイヤフォンを販売し始めたっけ。

How is everyone from then?

シンプルなデザインで、今では「耳からうどん」で良かったんぢゃないかと思えるくらいスタイリッシュ。
他のbluetoothイヤフォンはどうしても補聴器感が否めなく、ゴロッとしたフォルムのためか結構悪目立ちしちゃう。
嗚呼、やっぱりAirPodsだな…と。

それからApple製品との相性は見事なもので、iPhone、AppleWatch、Mac、の間でシームレスに簡単に切り替わる。
ときどき繋がってないこともあるけど、ごちゃごちゃしてる間に繋がるようになる。
残念ながら我が家は結構なApple党で、パソコンもケータイもルーターもTVセットボックスも全部Apple。
AndroidやWindows、他のOSが稼働するデバイスが無いのでこのAirPodsがApple製品以外の親和性が有るのかどうか知る術も無いのはご勘弁を。

しかしデメリットも無いわけではない、
唯一と言って良いのが

AirPodsが耳の形に合わないコト

これは製品の賛否両論というよりは人の耳の形は千差万別だということ。
サクっと耳に固定される耳の人、ねじねじコネコネしても全く固定される気配の無い人、その中間の人。
この点においては世界中が納得しているのであろう、毎回Appleの二番煎じのような製品群を発売することが多い中、AirPodsに関しては他のbluetoothイヤフォンで酷似、または類似する製品は見当たらない。

hilo4が今まで経験してきた中では、やはりBoseのイヤフォンのフィット感は完璧と言って良いほどどんな耳でもフィットすると思われる。
耳の穴ではなく耳の縁(?)をシリコンの羽で支えるというアレは強力且つ長時間つけていても耳が痛くなるような事は無かった。
AirPodsがあまりにもフィットしない、、、 当初(購入直後)そんな悩みを抱えていたので、真剣にBoseのbluetoothイヤフォンに買い換えることを検討したくらいだ。
なのだが、今では少しコツを掴んだので当初のような悩みはあまりない。

耳の形は千差万別いろいろあって、またその形が一定ではないのは当たり前。
そうなるといろいろな形に合わせる方法として、いろいろな形に柔軟に変化対応できる様々な大きさ(S、M、L)の素材、つまりはBoseのイヤフォンのStayHearチップのように柔らかいシリコン素材を使った補助固定具を耳にフィットさせる方法が考えられる。
一方、AirPodsはそんな気の利いたものは用意していない。
まったくどこまで調子乗ってんだよ!
AirPodsはプラスティック製でまんま◯に棒がヒョロと出ているだけだ。
Apple製品のデザインの多くはシンプルを心情としている。
一見すると、俺でもデザイン出来るぞ ジョナサン! と言いたくなるくらい余計なものを削ぎ落とす、いわゆるミニマルデザインで構成されている。
でもジョナサン、耳の形はいろいろ有るんですぜい? そう進言したAppleの社員が居たのか居なかったのかは、現在の製品を見れば分かることだけど、それでも誰か云えよw

ってなワケで、全然耳にフィットしない。カラダを傾けただけでポロっと外れる。知らない間に1個落としちゃったよぉ。もうAppleなんて大嫌い!とAirPodsをゴミ箱に捨てちゃった仲間もいるかもしれないけど、今一度、上記のような状態だったhilo4が起死回生で快適になる方法を見つけたのでOne more chance。

言葉では凄く説明しにくいので画像でね(←おい!)
兎にも角にも適切な角度ってヤツがあるみたいなんです。
それは人それぞれなので「◯◯度」とは断定出来ないんだけど、ちょっとソレで留まりますか?くらいまでグイグイっとAirPodsの棒の部分を上方向に上げてみよう。
なんだったら耳にグイッと入れたらまず水平(90度)くらいまで上げて、徐々に下げてみてください。
そうすると、


全体的に大変Qualityの低いモデルですんません(自撮り)


アレ?

と、今までAirPodsとのフィット感に無縁だった耳に、僅かな希望の光を感じられるSweetSpotが出てくハズ。
ソコです、ソコ。

ミニマルデザインなんて誰でも出来るわい!と思ってたアタクシ、ホントにジョナサンごめんなさい。
◯というのは全ての形にフィットする形なんですな。
要は◯がフィットする面を角度によって見つけ出すことだったんです。
そうだよねジョナサン!(多分)

つーわけで、まぁ物は試しで全然フィットしない!という方には特にオススメのAirPods装着法でした。

もうダメだ AppleWatchに表示される項目が老眼で見えない

今年でふぉーてぃーせぶんなhilo4ですが、この時点で既に老眼だから、次はヒザの痛み、更年期、痴呆症、最期にはホームという幸せな末路を辿るのは目に見える事実であります。
子供の頃、オヤジの姿を見て「何故オッサンはああなのか?」と不思議に思いましたが、不思議でもなんでもなく自然現象である、、、ということです。

さてアタクシ、「新しもの好き」と自らを評しておりましたが、老眼の前には為す術もなく、あれだけ絶賛したAppleWatchも今ではただの見難いデジタル時計に変わりました。
39mmモデルを所有していますが、恐らく42mmモデルでもAppleWatchに表示される文字は目の手術(老眼の)でもしない限り見えなし、もっと大きなiPhone、Macの画面ですら、メガネを外さないと見難くて仕方が無いので、高精細な有機ELディスプレイだろうが、革新的なホニャララなディスプレイだろうが、兎に角目視困難なのです。

なので、AppleWatch導入前の状態に生活を変えようかな?なんてことを画策しておりまして、目視できないAppleWatchよりも見やすいバーインデックスの機械式腕時計がこの老眼という解けない呪いと付き合っていくには適宜かな?と思うワケです。

【老眼ぢゃなかったころのAppleWatchの便利なところ】
1.iPhoneからの通知がAppleWatchで確認出来る。
2.AppleWatch単体(Cellularモデル)で電話着信、架電できる。
3.人に自慢出来る。
4.suicaでキャッシュレス
5.時間はいつでも正確

というメリット盛りだくさんのAppleWatchだったんですが、もう1.〜5. のメリットなんてどーでも良い。
時間が分かってiPhoneに通知が有っても見なきゃ良いだけだ!

AppleWatchで認証する

夕べ眠れずに泣いていたんだろーーー!!!!?
こんにちは小浜田省吾です。

オジサン臭いですがハマショーが大好きです。
理由は楽曲そのものがとても分かり易く昭和世代には馴染むんだよねぇ〜
仲の良い友人と定期的に「ハマフェス」と称して、近所のカラオケ屋でさんざんハマショーソング(のみ)を熱唱し、その後 火照ったカラダとノドを潤すべく居酒屋でグデグデになるまで飲むというファンならではの行事を執り行っています。

そんな我らのハマショーがついに映画になりました。

当然ながら観に行かない理由は無いワケで、公開初日にバンダナにサングラス、背中にギターを担いで参列する予定です。

しかしながら、全国映画館上映 と表記されていますが、TOHOシネマズ系でしか上映されず、かつ、1日中やっているかと思いきや日に3回しか上映されないという村の巡回バスのような扱い… orz

ま、本質のワカラナイ大人たちとは無縁のオレたちだから初日にカチコムのは当然の事で、早くもチケットを奪取いたしました。

近年は映画館の窓口でチケットを買っていては争奪戦に間に合いませんので、当然ながらネットで座席予約して決済です。スピード勝負!
iMacの画面からTOHOシネマズのサイトにログインし、空席表からベストchoiceして決済しましたが、なんと今時はMacでサインインして手元のAppleWatchのApplePayで完結してしまうんですねぇ〜 凄っ

サイドボタンをダブルクリックして

決済完了でやんす!
まぁスムーズだこと。
iPhoneは未だに6sなので、iPhoneでのApplePayの使い心地は分かりませんが、AppleWatchだけでも必要十分。
ここんとこ頭打ち感バリバリのスマホにとって替わってウエアラブルの時代を感じずにいられません。
電車もコンビニも映画も食事もガソリンスタンドでもAppleWatchで決済がOKです。

さてそんなことでタンスからバンダナとサングラス、あと指ぬきグローブも出して衣装合わせしなきゃだわ。
当日楽しみっ!

Apple修理センターは30日から翌年1月3日までお休みです

2017年度中に一番良かったお買い物といえばAppleWatchSeries3だ と言っても過言ではない。
ま、そもそも興味が無い人、否定的な人には全然響かないAppleWatchSeries3だけれども、腕時計型デバイス単体で電話が出来て音楽ストリーミングサービスに対応し、さらに電子マネーでお買い物出来ちゃったりするんだもの、もうコレ1個でなんも要らんよね?と思えてしまう。

そんな地味に素晴らしいこの発明を君たちはまだ自分のことのように感じていないかもしれないが、スマホのハードとソフト、そしてコンテンツが飽和し新たなイノベーションが枯渇した今、ウェアラブル端末は静かにスマホに取って代わる第三のIT端末として浸透してゆくのさベイベ。

さて、そんなこたぁどうだって良い。
アレ?髪切った? くらいどうでも良いことで、問題はAppleWatchSeries3が時折リンゴマークを表示しながら再起動することがままあるようになった。
再起動といえば端末が具合悪くなった時にする特効薬のようなもので、MacやWindows、その他の情報機器でもよくやるアレだ。
だが、アレは端末自らがすることではなく、端末を扱うものがアレするわけで、端末が勝手にアレする状態はやっぱりアレ?なのである。

イマドキは便利なものでこうした不具合が起こった時、Appleのサポセンへ電話し不具合の状態を伝え、さらに自らのモバイル端末から現在のハードの状態をオンラインで送信出来るようになっている。

診断の結果、AppleWatchの環境光センサー(かんきょうこうせんさー)が検知されておらず、恐らくコレがアレする原因なのであろうということになった。
つきましては、Appleの修理センターへコレを送るわけだけども、年末年始でApple修理センターが30日から翌年1月3日までお休みなので、お屠蘇気分が抜けた頃、楚々と送りつけてやろうと思っている。

ちっちゃいことは気にするな それ ワカチコワカチコ である。