アストロトレーサーからポータブル赤道儀にした件

あ、まずWordPressの新たなtexteditor Gutenberg の操作性は素晴しい。とだけゆっておく。

冒頭まったく関係ないし興味のない話題でごめんなさい。でも、ここから書き連ねる「アストロトレーサーからポータブル赤道儀にした件」はほとんどの人が興味ないだろうし、何ゆってんのこいつ?ってなるけど書くよ。

(前も似たようなこと書いてるけど…)

毎晩(これは早朝ね)星を見ては撮る。
おじさんになると友達も少なくなるし、嫁さんに悩みを話したり愚痴っても怒られるだけし、誰に何をゆうでもなくストレスと孤独感に苛まれて行くのはご承知の通り。
星はいいぞ。 何もいわないし綺麗にキラキラと夜空に輝いてて素敵。

星撮り人口が少ないのが大きな要因だと思うけど、PENTAXが発明したアストロトレーサーはいつまで経ってもニッチな商品で有り続ける。
恐らくカメラをやってない人は誰一人「あすとろとれーさー」の言葉に反応出来ないし、カメラをやってたとしても諸々の事情を抱えた悲哀に満ちたおじさんでもないかぎりその存在すら気が付かないだろう。
ゆってみれば星撮りをしたいが故にたどり着いた先に「あ!」っと たまたま見つけたお宝なんだ。
けど、アストロトレーサーはSR(ShakeReduction)のようなセンサー手ぶれ補正が出来てから開発されたものだから思いの外若いproductでもあるし、PENTAXの(アストロトレーサー)対応カメラのみの技術。
全カメラ人口の中の稀有なPENTAXファンの中の星に興味のあるおじさんのみと考えると、日本では多分100人くらいしかいないと思うw
ま、それは偏見かもしれないけど素晴しい技術のくせして認知度が低い。


一方、赤道儀というものをご存知だろうか?
居酒屋の店名でも焼酎の銘柄でもない。
これもアストロトレーサーよろしくカメラをやってない人にとっては何が何やらだが、カメラをやってる(また天文ファン)人はアストロトレーサーよりは反応度はグッと上がるはず。
それもそのはず、もともと赤道儀の歴史はかなり古く1700年後半からあるらしい。
その由緒正しい赤道儀に撮像素子を備えたカメラをくっ付けて星空を撮影するとゆうお楽しみは カメラ黎明期からあると聞く。
私も最初は赤道儀を購入しようと考えていたんだけど、赤道儀設置の写真を見た時の意味不明かつ奇々怪々なフォルムは精神障害者が思い思いに飾り付けた趣味の悪いクリスマスツリーのようにしか見えなかった。

ダメだ、こんな変なの…
元来面倒くさがりなクセにこだわり派な私は、とっつきにくいと感じるとまずは簡単な方から手をだす。
いずれそのとっつきにくい方にこだわるとしても。。。


アストロトレーサーはとても簡易的だ。
対応カメラにオプション品であるO-GPS1をくっつけるだけで、先程のクリスマスツリー状態は避けられる。

こいつなんぞはまだ外付けで不格好だが、PENTAX K-3IIとK-1、K-1M2においてはアストロトレーサー内蔵なのでカメラ単体で星が追尾出来るのだ。
スゲー。スゲーぜアストロレーサー!!!
とまぁ、感動したのは最初だけで、結局現在のオルゴール赤道儀に落ち着くことなる。
理由はいくつかある。
まず、設置も簡単手間いらずに見えるアストロトレーサーだが、意外なことに場所を選ぶ。

天空が真上に見えていること。
GPSが拾えるところ。
高圧線、鉄柱、立体駐車場の屋上、車の近く、鉄の塊が多い場所はダメ。

設置が簡単ということは、自宅のベランダとかビルの立ち並ぶ街中とか歩道橋の上とかお気軽お手軽に写したいという気持ちが先行してしまうのだが、実際のところ、本来の赤道儀を持ち出してセッティングするべき場所でないとうまく機能しないことが多い。
磁場の問題らしいんだけど、ようするにアストロトレーサーはGPSで自機の位置を補足したデータから地軸を割り出し、それを基にSR機能をもつセンサー自体をゆっくりと回す(ガイドさせる)ので、近くの磁気(自機ぢゃないよ)に反応してしまうらしい。
まぁうなずける。
一時期夢中になり、立体駐車場の屋上へ夜中コッソリお邪魔して三脚立ててアストロトレーサーを起動するも周りの鉄柱やフェンスに大いに反応して正常動作しないことが多々有った。
設置に関しては無問題だが環境によっては設置以前に動作が不安定だということが最大の弱点だ。

PENTAXというカメラ。
これも大いに問題のひとつ。
選択肢的にアストロトレーサーを使いたくばPENTAXのカメラしかないのだが、そのボディもレンズもご周知の通りである。
まぁこれ言い出すと聖なるPENTAXIAN軍勢が大挙として押し寄せ、ペンペン草も生えない程に大地を焼き払ってゆくとなんかで読んだ。ホントにそうだから怖い。



で、話は長くなったけど、よーするに設置に慣れ、極軸合わせが出来るようになればポタ赤の方が良いという結論。
例えば、頻尿で目が覚めてたまたま星空眺めたらキレイかった… という場合でも、ベランダにポータブル赤道儀に載っけたお気にのカメラを設置して、30秒から60秒くらい炙り出せば自宅のベランダから簡単にオリオン座が撮れてしまうんですわな。

この記事を目にした人の99.9%の人がポータブル赤道儀による星空撮影に興味をもつわけがない!と確信している。
だって星が写るだけだもんねぇ〜w
でも……  癒やされるんだよ。
誰にも言えない事もたくさんあって、日々のストレスや決して消えることの無いどうしよもない悩みをさ、星を眺めてるとちょっとだけ忘れられるんだよ。。。



iPhone VPN接続でWordPress更新

新しいWordPress EditorのGutenberg。

ファーストリリース直後は何となく不具合がありそうだったけど、現在はとっても快適に編集出来て大満足。
さて、そうした大きな改変があり、益々更新頻度が高まりつつあるWordPressですが、未だにiPhoneからの更新が厄介だ。

もう専用アプリは使わない!と心に決めているのだが、アップデートがあるたびに実験的に投稿試験をしている。

結果は……   もともとdroboのサーバー経由でのWordPress投稿だから、一般的な流儀とは違うから仕方ないが、やっぱりダメとゆうかムリ。
諦めではなく英断で、自宅サーバーにパーソナルVPNで接続して宅内iPに入り込んで更新手配してみる。



もうパーソナルVPNは10年以上前から構築済みで、住まいがその間に3回程変わっているが不自由なく使えるし、どうでも良いようなことだけど、外出先から通常出来ない作業も実現可能なので、少しだけPCやMac、宅内デジタル機器を操りたい人にはうってつけだと思う。

古い接続プロトコルだがこんな便利なものが一般に全く普及していないのが大変不思議である。

外からWeb browser でWordPress 更新

とあるwebの記事で、外からWordPressを編集するなら専用アプリよりWebブラウザ経由の方が扱いやすいとの事だった。

うん、確かに異論はない。

とゆうより、設定にもよるのだろうけど、未だに画像入りの記事がマトモに上げられたことが無いのです。

そもそも自前のサーバー drobo5NにWordPressをこしらえるなどとゆう稀有で面倒な運用方法だからだろうけど、それにしたってblogの更新を自宅に戻ってネチネチやっていてはblogの意味がないように思える。

 

↑ 今書いているのはiPhone6sをドコモ回線でVPN接続し直接ローカルサーバーのIPを叩いているので、自宅とほぼ同じ環境下であると言っても過言ではない。

 

 

iPhoneのスクショや写真ライブラリは勿論、プライベートネットワーク内のサーバーん中だから、そこに所蔵してる画像も貼り付けたり出来る訳で、今まで知らなかったわけではないけど、やってみたら意外に快適だったとゆうワケ。

 

これによってもう少しだけ更新頻度が上がることを期待しつつ、果てないWordPressの進化も期待せず待ってみたいと思います。

WizardryのようなWordPress

ほぼ年1回くらいの確率でクリティカルヒットエラーを表示するWordPress。
まったく容赦が無いのだから…

高校1年の夏休み、同じ陸上部の山さんからWizardry(ファミコン版)なるRPGの存在を知らされた。
名作中の名作ではあるが、今ではもう知らない人もいるであろうとても古いタイプのダンジョンRPGなんだが、後にも先にもこのRPGを超える作品に出会ったことがないしコレほど過酷なRPGも存在しないと思う。
そのゲーム内に出てくる鬼門「クリティカルヒット」という言葉。
これを喰らいグレーターデーモンの集団に囲まれたりすれば、パーティーはひとたまりもない。数ヶ月間やっとの思いで育て上げたキャラも瞬く間にして墓標と変えられLostする。思い出すだけでもゾゾ毛が立つ。

しかし不思議なものだ、この平和な現代社会においてもなおWizardryと同じような事が起きるのであるw

3日程前かな、 URLを叩いても自分のWordPressページが開かない。
管理画面には入れるが、更新や新規投稿が出来ないし、プラグインまでおかしくなっている。

そして画面には無惨にも Fatal error

Wizardryかよ!まったく。

4,5年前だろうか… 巷でWordPressが結構話題になったけど、最近ではWordPressの情報も見かけることもなくなったし、またWordPressを始める人なんてもの聞いたこともない。
WordPressで作成しているblogやらHPもWeb上で見かけなくなったから、恐らくみんなヤメちゃったんだろうな。
そらそーだ、こんなに不安定で難解なCMSを管理するよりオトナシク無料blogを立ち上げて管理してもらう方が賢いにキマってる。

唯一メリットとしては過疎っててマニアしか手を出さないから、重度のコミュ障を患っているコメンテーターの書き込みが少なく心の負担は無い。
またしても今回はしばらくLinkも貼れないし各エントリーの画像は吹き飛んでしまったが、ココ数ヶ月分は再構築して出直しだ。

過疎ってるのって良いな。

相変わらず宜しくないiOSのWordPressアプリ

サイレントアプデでも無いが、かなりの頻度でアプデを重ねるiOSのWordPressアプリ。

ここ3回ほど連続的に「不具合の修正」との事だか、ずっと不具合のなのでどこが修正されたのか、また現時点で書き上げているテキストはエントリ出来るのか?

まあ試しにやってみるっぺ。


とまぁ、iOSからエントリしてみたけど、画像が貼り付けられない。
上の画像は後からMacで追加したものだけど、メディアファイルを確認するとちゃんとiOSからアップロードされている。
貼り付けられていない原因は何だ???

GoogleのSeatchConsoleの設定をしてみた

Googleサマサマだな。
WordPressのサイトをdrobo5Nで立ち上げているんだけど、検索サイトで「hilo4daily」とSearchをかけてみてもseesaablogで作ってた旧サイトや、遺物のようなリンク切れの値ばかり返ってくる。。。
ソレもそのはず。

だって登録すらして無かったんだもん。

で、ググってなんとかしてみた。
無い知恵絞ってみたところで何も出やしないから、こーゆー時はやっぱGoogle検索に限る。
WordPressは扱いやすいと言いつつも、これは業者として扱いやすいだけで一般の素人ではやはりチンプンカンプンなのだ。
まぁそれだから世の中 商売とゆーものが成り立つのだけれども。


兎に角、ワールドワイドに向け発信しているハズのWordPressがいつまで経っても閉鎖的な状態になっていたのはただ単に「設定」そのものをしていなかったからなんですわね。
オホホホの ほ。

外(4G)から入れるよーだ

4G回線でEditorにログインしてみる。入れるみたい…

 

 

てな感じで、iPhoneのカメラロールも、動画を撮ってアップロード

 

51842038825__74985ACD-C630-45D1-8B0B-6E28CE3D8877

 

流石に埋め込みは出来ないか… orz

20秒程度だけどメディアファイルには4G回線で問題なくアップロード出来たみたい。

このまま問題なく投稿できれば、目下の問題は全てクリアかな。

administratorで投稿

iOSのWordPressAppに拘っていたが、browser(Safari)から投稿したって良いんぢゃね? ビバまいすたいる!  である。

 

ちなみにペタっとiPhoneの中に入っている画像を貼り付けてみよう

 

ん?  貼り付けられている…

端的に「これでいいんぢゃねーか?」

WordPressのヘッダー画像を貼り替えるは意外に簡単

先程から 「ネ申」降臨中のヒロシです。
WordPressってカスタマイズしてなんぼぢゃん? なんてゆってみたいけど、HTMLやらCSSやらUCCやらYKKなんて知らないんだもん。
そんな素人でも、なんとなくゴチャゴチャ触ってればなんとなるもんだね。
今回はWordPressのテーマ(ヘッダ部分)画像を変更してみるよん。

ただしこのやり方は wordpress.com ではなく wordpress.org ぢゃないと出来ないからサーバー型の人だけが対象です。

で、まぁヒロシが出来るワケだから誰でも出来るわけで、自分のサイトにログインして、設定だのなんだのかんだのが出来る画面まで行き着いたら
外観 をポチっとして 右側に出てる現在のテーマの カスタマイズ をクリックする

とだな、左側に ヘッダーメディア ってのが出てくる
(画像はもう貼り変わっちゃってますが…)
のでポチる

すると左側の表示画面に 新規画像を追加 と分かり易いボタンが出て来るのでポチる

そすると、メディアライブラリが出て来るので、ソコの中から好きな画像を選んだり、無ければ新規で追加してやればものの見事に あーた、ヘッダー画像がお気に入りの写真になるんでございますのよ奥様!

どーでい!
この方法が分かれば毎回自分のWordPressのヘッダー画像をペタペタ貼り替えることが出来るんだわさ。。。
(๑•̀ㅂ•́)و✧

WordPressで確実に画像表示させるには

OH!ブレーネリあなたのお家はWhere〜?
気分的には今こんな感じ↓

WordPressやってて1番ガックリ orz… する瞬間って 投稿ボタンを押した後、Browserで確認してみたら折角の画像が表示されてない時ぢゃない??

だよねぇ〜?

インターネットで色々調べてみても
◯ファイル名が大文字小文字になっている
◯プラグインが邪魔してる
◯投稿するBrowserの仕業
◯生きることは悲しいかい?信じる言葉はないかい?
等々、とにかく色々なこと書かれてるし、勿論それが違うというわけではない。

がしかし

Localで編集してる時はちゃんと表示されてんだよ。何故か。
メディアファイルの中の画像ファイルもちゃんと読み込まれて壊れてないし、至って普通の操作をしてんだ。
けど、スマホでは表示出来てんのにMacぢゃダメとか、MacぢゃダメだけどWindowsならOKとか、IEはOKなんだけどCrohmeはダメとか、なんか頭がおかしくなりそうだ。

ファイル名?ファイル形式?大文字小文字?Browser?
この中のものでもなんでもないひとつの要因、、、それは

ファイル容量  (‧⃘︠˾ͨ̅‧⃘︡˒᷅̈́)

自慢の画像だもん、そりゃ大きく表示したいよね。
だからデジイチやらデジカメで結構大きいファイル形式で保存して、そのままWordPressのメディアライブラリに突っ込んでいないだろうか?
実際ヒロシはそうです。(ええ そーでしたわ)
なので、これまでの研究結果(ファイル名、大文字小文字、プラグイン、Browser)を踏まえ、まったくコレを無視してファイルサイズだけ小さくしてみたの。

5.2MB

584KBにしてみました

そして貼り付け…


(↑ これは584KBの画像です)

MacとWindowsでファイル名に大文字小文字を混在させてプラグインは目一杯入れて、Browserも表示され難いMacのSafariで投稿。
見事成功ら! (๑•̀ㅂ•́)و✧シャ

大きくて綺麗な画像で貼り付けしてみたいけど、そもそも画像が表示されないという致命的な現象が多々起こるWordPress。
何やってもダメだ!とお困りの方は是非この方法を一度試してみると良いかもしれません。