Apple修理センターは30日から翌年1月3日までお休みです

Spread the love

2017年度中に一番良かったお買い物といえばAppleWatchSeries3だ と言っても過言ではない。
ま、そもそも興味が無い人、否定的な人には全然響かないAppleWatchSeries3だけれども、腕時計型デバイス単体で電話が出来て音楽ストリーミングサービスに対応し、さらに電子マネーでお買い物出来ちゃったりするんだもの、もうコレ1個でなんも要らんよね?と思えてしまう。

そんな地味に素晴らしいこの発明を君たちはまだ自分のことのように感じていないかもしれないが、スマホのハードとソフト、そしてコンテンツが飽和し新たなイノベーションが枯渇した今、ウェアラブル端末は静かにスマホに取って代わる第三のIT端末として浸透してゆくのさベイベ。

さて、そんなこたぁどうだって良い。
アレ?髪切った? くらいどうでも良いことで、問題はAppleWatchSeries3が時折リンゴマークを表示しながら再起動することがままあるようになった。
再起動といえば端末が具合悪くなった時にする特効薬のようなもので、MacやWindows、その他の情報機器でもよくやるアレだ。
だが、アレは端末自らがすることではなく、端末を扱うものがアレするわけで、端末が勝手にアレする状態はやっぱりアレ?なのである。

イマドキは便利なものでこうした不具合が起こった時、Appleのサポセンへ電話し不具合の状態を伝え、さらに自らのモバイル端末から現在のハードの状態をオンラインで送信出来るようになっている。

診断の結果、AppleWatchの環境光センサー(かんきょうこうせんさー)が検知されておらず、恐らくコレがアレする原因なのであろうということになった。
つきましては、Appleの修理センターへコレを送るわけだけども、年末年始でApple修理センターが30日から翌年1月3日までお休みなので、お屠蘇気分が抜けた頃、楚々と送りつけてやろうと思っている。

ちっちゃいことは気にするな それ ワカチコワカチコ である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください