ジャズなんて知らないから

Spread the love

下の毛が生え始めた中学生の頃は大人になりたくて”洋楽”を矢鱈聴いた(フリ)と思う。
邦楽のPOPSやフォークってのはダサいというダサい考えだったし、周りの友達もカッコつけてやたら洋楽の話をしてくるので仕方なく…というのもあった。
正直 ”洋楽”に対して大した知識もなければ興味もなくそれが次第に”洋楽離れ”となり今に至る。


邦楽、洋楽、オールディーズ、ロック、フォーク、スウィング、ジャズ、ボサノバ、云云カンヌン…と音楽のジャンルが多様過ぎて50になった今でも絞りきれないでいる。
しかしながら最近ようやくマービン・ゲイやらフランク・シナトラを聴くと心が心地よいと感じるようで、どうでも良いドライブの時は大概ここらあたりの曲を流している。
そしてここにきて今ジャズなんですわ。

いまJAZZ

人間暇になると…というか、暇な人間は住まい近くの市立図書館だったりそうした公営の図書館に蔓延る習性があるのだと思う。
見るからに暇そうな人間が図書館のソファーや椅子に蹲りながらまるで銅像のように本を読みふけったり銅像のように全く動かず寝ている。
私は昔からじっとしていることが苦手だ。
特に喫茶店とかでコーヒーと本という組み合わせでマッタリすることが出来ない。
よくあんな少しの飲み物で分厚い本を何時間も読んでいるものだと関心するし、あの時間があるのならば他にやることやヤレルことがあるだろうと思うのだが…
恐らくあ〜ゆ〜人はメンタル強いんだろう。
だから図書館に行っても読破出来る出来ないに関わらず、興味のあるタイトルをいくつかムンズと書棚から引き出して貸し出し手続きをしてとっとと帰るようにしている。
ようにしているというよりそーする他無いからだけれど。
そしてそんな私に今空前のJAZZブームが来ている。


ブームと言っても大したブームではないのだろうけれど、自らの中ではお祭りが来ていて古めかしい言葉で言えばマイブームっちゅうやつですな。
良くも悪くも寝る間も惜しむとか白昼夢な状態で何かに没頭する質ではないので、おだやかに暇な空き時間をJAZZという音で満たしてみたい。ただそれだけなんだが。

この忌々しいWordPressを少しでも理解りようと予約まで入れて”WordPressレッスンブック”という本もついでに借りた。

JAZZに関して昨日今日でブームが来ている輩が何を言うでも無いが、平べったくゆうと超絶テクニックを持った人が良くわからないけど人をワクワクさせるような音をベラボウに奏でる事こそが(今の所)JAZZなんぢゃねーかな?と思っている。
なんとか坂48とかジャニーズのイケメン諸君のdance&musicも素晴らしいエンターテーメントなのだが、そーゆースチャラカしたものとは一線を画すものであり、それが廃れず伝承されしかもタダ同然でAppleMusicで簡単に検索してドパドパ垂れ流せるというなんとも贅沢な時代だ。

借りてきた書物の内容なんて読んでも仕方がないので私は目次や短い内容のindexの中から、良さそうな名称を選んでAppleMusicで検索をかける。
そのあとは”はじめての…”とか代表曲がchoiceされているので、1clickで1時間ほど楽に楽しめる。
その昔はどんな音楽でも1曲聴くだけでどれだけのお金と労力が必要だったか、、、
きっと私の息子は知らないはずだ。

ともかく、今JAZZが来ている。それはそーゆー理由だからなのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。