AppleWachだけの特権

Spread the love

朝っぱらからWatchOS5の新機能

トランシーバー

のお話。

みんなも早速トランシーバーってるかい? 面白いだろぅ?
あっ、、メンゴメンゴ、君たちはAppleWatchまだ持って無かったっけw
いやマジで買った方が良いよ。なぁんて〜のぉ 直感的っつーのかなぁ?ピュッとやってパッとやってシュゥとやたらアレがアレしてコーだもん。
などとお節介なことは言わない!
AppleWatchを持ってるヤツだけが愉しめば良いさ。




AppleWatchにこのような画面が出てこればトランシーバーとして機能します。
まぁ電話しろ、、なんて声が聞こえてきそうですがノンノンノン。それやったら面白くないのよね。
ボクタチワタシタチが幼少の頃、狂ったように遊んだあのトランシーバーが今、Appleの力により現代に蘇る。
ただし、ここの画面にたどり着くまでに少しだけ設定が必要です。
必須なのはAppleWatchというのは言わずもがなだが、これはセルラー版でもGPS版でもiPhoneとペアリングさえしてあれば問題ありません。
そしてiPhoneの設定画面を開き、歯車マークのアイコンの「設定」→ 「FaceTime」に進んで、FACETIME着信用の連絡先情報 にオール✓マークを付けてください。

iPhone側の設定はここまでで、後はAppleWatchの設定だけでトランシーバーが使えます。
AppleWatchのデジタルクラウンをプチュと押します。


防犯カメラみたいなマークに黄地のアイコンがトランシーバーになるので、起動させるとトランシーバーで話したい相手を選択する画面が出ます。



ここで最大の問題といえば、連絡先の多くの人々が未だにAppleWatch不携帯ということです。
いや、不携帯とゆうより持ってない、もしくは興味ない、といったほうが良いのかもしれませんが、驚愕に値するくらいこの素晴しい時計型通信デバイスの普及が遅れているのは人類のテクノロジー進化への不感さを物語っている。
ま、いいけどね。
ほいで、今んとこAppleWatchを所有しつつ、時間問わずに連絡出来る相手と言えば、そう!1103しかおるまいて。

とゆうわけで、この続きとトランシーバーでの会話の内容はリンク先に貼ってあります Log1103 で明日9/20(木)7:00 に配信予定です。
みんな聴いてくれよな!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください