キライキライもスキのうち AirPodsレビュー

Spread the love

え〜 マヂぃ??? 絶対無理ぃ〜!
と言いつつ、気がつけば付き合ってた… なんてコトが結構あったりするワケですよ。


そう、PENTAX も最初は絶対無理!と思ったが、買い戻し(他機種)て今 ジワリと来ていることは間違いない事実である。

AirPods

手を、いや耳に入れてみて最初からシックリ来る人、全くダメな人、どちらかにハッキリ別れるbluetoothイヤホンだ。
このAirPodsからなのか?完全独立型イヤホンって言われるようになったのは?
片耳だけしてたら今までのbluetoothヘッドセットと変わんないのにねw


(↑ 嫌気が差してたあの頃)

なんだかメリットが有るような無いようなイヤホンであるこのAirPods。
ヒロシの場合、残念ながら耳の穴のカタチがダメな人だったので、巷の噂で
「想像以上に落ちない」
「頭を振っても落ちない」
「10kmジョギングしてもへっちゃら」
とは真逆で、

首を左右に傾けるだけで落ちます   (´;ω;`)

欲しいけど自分の耳にちゃんとフィットするの?と思っている人は上の画像(オッサンの汚い写真でごめん)を参考にして、特に赤丸で示している下の部分の凹みが無い、もしくは大きい人は間違いなくズリ落ちる確率は高いので、以下に掲げるメリットに共感出来なければヤメておいたほうが無難でしょう。

まぁ、そんなことでAirPods、イヤホン本来の装着感がOKな人と全くダメな人とハッキリ別れるのが悪いところです。
物は試しで、線付きのEarPodsを耳に入れてみてポロっとなる人は先ずダメです。
Appleの魔法も相変わらず口先だけか… と言わざるをえないが、実は魔法の部分はココではない。
AirPodsの本当の売りは、AppleIDで紐付けられているiOS端末であればいとも簡単にペアリングしてしまうところです。
つまり複数のiOS端末を所有し使い分け、そのどれともAirPodsと接続する場合、他社の完全独立型イヤホンとは比べ物にならない程プライオリティが高いことである。

今もメインで使っているiPhone6s、この端末の前でAirPodsの充電ケースの蓋をパカっと開いてみますと

このように認識されます。

そしてもう1台iPadMini3に同じAppleIDを入れていますが、並べてAirPodsの蓋をパカッと開いてみると

iPhone6sでもiPadMini3でも認識されます。
まさに魔法。

これが便利か魔法か素敵かと問われれば、そう大したことではないのですが、ワイヤレスでAppleIDに紐づけされたiOS端末であれば何の苦もなく使い始めることは評価に値すると思います。
それから、もうひとつ。
世間では

耳からうどん

とディスられている装着の見た目。
うん、否定はしない。ヤバいもんw
しかし左右両耳にしてるととても滑稽ですが、片耳だけだとその見た目の破壊力も半減し、他の完全独立型イヤホンやbluetoothヘッドセットよりかスタリッシュかつ、軽快に見えるのは不思議です。

それに、世界的に「うどん」なのか?
ってことですよ。
日本以外の国では「耳から」何?って言われているのかが気になるのよね。

ま、そんなAirPods。
耳の穴のカタチによっては向き不向きが確実にあることは間違いありません。
ただAppleのiOSユーザーで耳の穴のカタチが適合している人は買っても後悔しないと思います。
残念ながら耳の穴のカタチがヒロシと同じ不幸な人は、、、、

とりあえず 耳にガムテープ貼ろう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください