AppleMemo 出して欲しい

Spread the love

AppleMemo
そんな感じの小さなペンタブレット端末を出して欲しいんだ。

AppleWatchSeries3Cellular版を使い始め、iPhoneをワザと忘れたり、車の中に放置したり、あえてAppleWatchで電話をとったりしていると、これはこれで仕事が出来てしまうことに気づく今日このごろ。

昔はケータイ電話、メモ帳、ボールペン。
この3つで仕事をしてた気がする。
時の流れに応じてそれらを補う為、Palmやら腕パーやらZaurusやらを追加してWindowsCEとかJornada、NOKIAなんて端末を取っ替え引っ替えしながら悦に至っていた。
そしてiPhoneの登場と共にボクタチワタシタチのガジェットが極一般化し、そこいらのおばちゃんでも手にするようになったんだ。
そうなるにしたがって、どんどん「面白くない」感覚が生まれ始めた。

誰でも持ってるiPhone

まぁ良いことなんだよ。普及するってことはさ。
でもな、  やっぱ面白くないぢゃん。

AppleWatchSeries3Cellular版はそんな面白くない時代に生まれた革新的ガジェットだ。
想定する機能(電話・メール・音声メモ等々)はある程度入っているし、補助具としてメモ帳だったり、時に仕事のデータ検索でiPhoneが必要になってくるだけだ。
みっちりモッコリした仕事はデスクトップのMacに任せれば良い。
外出先でサクサクと仕事をするのならばAppleWatch、メモ帳、そしてiPhone。
そしてiPhone…?

AppleWatchを腕に巻いてから、デジタルメモとインターネットに繋がる軽くて折りたたみのできるポッケにポイと入りそうな端末が欲しい。そう思った。

AppleMemo
具現化されるのならばそんな単純なネーミングではないかもしれないが、RHODIA No.11くらいの大きさで折りたたみ2画面。
薄くて軽い。
普段はデジタルペンで紙に書き込むようにサッとメモが取れ、ボタンを押すとボイスメモも取れ、必要に応じて折りたたみ2画面を使ってWeb検索やインターネットにつなげて諸々のちょっとした作業が出来る。
こで十分仕事が出来るのではないか?
あとのエンターテイメント性が高く生産性が低いゲームやら音楽再生などはiPhoneでどーぞ的なビジネスに特化したあの頃(iPhone以前)のガジェットを敢えてAppleから出して欲しい。

バカバカしい想像かもしれないが絶対にコレも今後来ると思っている。
iPhoneは家庭用、AppleMemoは仕事用。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください