Apple MagicKeyboard(テンキー付き)のレビュー

Spread the love

AppleMagicKeyboard(テンキー付き)のレビューでごわす。
要る人には要るテンキーが付いたキーボード。
積年の願いが叶い やっとAppleから発売です。

無いです!(当たり前)

詳しくもないんですが大雑把なレビューをYouTubeにアップロードしました。
御覧ください。

↑ここでもゆってますがMagicTrackpadと並べて高さを比べてみますと
「線なし」も「線付き」も微妙に段差があります。
双方の高さを合わせてフラットにはなりません。
旧型のキーボードとトラックパッドは高さが上手にそろえてあったんですが、Appleは見た目より打ち易さの「実」をとったのでしょうか?


MagicTrackpadと「線付き」の段差
キーボードの方が若干勾配がある


MagicTrackpadと「線なし」の段差
MagicTrackpadのほうが若干勾配がある

並べてみます。
大きさは流石Appleなので細かく削ぎ落とせる部分を削ぎ落としてダウンサイジングしています。
配列は主要キー以外(Fキーやらoprionキー)のキーに若干ながら大きさ、配列に変更があります。
業務に使用してみましたが指して問題ないレベルの変更かと思います。

それからヒロシはiMacの中にVM(Parallels)でWindowsを走らせていまして、実は1番懸念していたのがVM上Windowsでのキーマッピング。
でも心配は無用。Mac本体でペアリング設定をしただけで問題はありません。
ただし、VM上のWindows操作中Numlockキー(数字キー7の上の ×キー)を押し忘れると肝心のテンキー入力が効かないのでそれだけは注意です。

で、人それぞれに好みのある打鍵感
旧キーボードよりはストロークは浅め。
左右ブレがあまり無く、上下の動きも素直な応答をします。
勾配も緩やかですから長時間のタイピングも楽かと思われます。

打鍵感に関してはそのキーボードの機構(メンブレン方式・パンタグラフ・メカニカル・静電容量無接点方式)によるところですが、このキーボードはシザー構造により軽快且つ剛性感があります。
いずれにせよ、Macのキーボードはその世代により大きく形を替えることがあるので「慣れ」るしかないのかもしれません。

それにしてもキーボードのクセに13,800円(税別)は高いと思う。