WordPressの勉強の前に先ずは英語をStudyだ!

Spread the love

検索サイトで KOKEN と入力してみてほしい。何が出る?


日本国内であればまずまず「山下工業研究所 KOKEN」がヒットするだろう。
またKOKENは世界的にも有名な工具メーカーだけあり、もしかして海外サイトから検索したとしてもやはり「山下工業研究所 KOKEN」にぶち当たるのかもしれない。
山下工業研究所ってスゲーな。

スゲーのはもういい、スゲくなくマイノリティーな話題を極々少数の方に紹介する為のサイトがここなのだから、そーゆーのはもういい、いいんだ…

HiLo4Photo

https://hilo4photo.mydrobo.com

URLを見て ははぁ~んと思ったそこのアナタ 正解!
そーだよ、小ちゃい子が「見て見て〜ママーーー見てぇ〜」と公園のジャングルジムの上から叫んでるのと同じだよ。

このWordPressもそうだけど、blogのようでSNSのようでもない微妙な立ち位置に存在している KOKEN というサービスでございます。
写真ありきのCMS。
WordPress以上にマイノリティだし仕様がイミフだしもぉー!
インテリジェンスな方々の考えに付いてくアホの立場になれっつーの。。。
CMSってナニ? なんて方はきっとここには辿り着いてないと思うので割愛しますが、ヒロシがここ数年で得た印象は「素人では扱い辛いblogみたいなもん」ということです。
基本オープンソースで、なんとhtmlの知識も要らず簡単に記事を投稿したりサイトデザインを変更したりすることができるんだそーですが、何一つ便利に感じないのはきっとそう、英語というものを

not understand

なんだろーなという部分に尽きます。
WordPress、WordPressと騒がれいる割に存在を確認することは稀で、blogやSNSの中にあってマイノリティな存在であることは否めず、ほとんどの皆様がfacebookや無料blogサイトからの投稿が多いのはやはり扱いが非常に分かり難いんですな。
日本語の教則本も数多く発刊されていますが、読み進めても読み進めても「ソコぢゃねーよ!」とツッコミを入れたくなる部分の説明が事細かに掲載されているだけで、肝心のココ!という部分はやっぱり英語を理解した上でWordPress本体のサイトでやり取りされているフォーラムやらFAQで探し出すしか無いのです。
嗚呼、めんど。。。
実際素人がピンチ!に陥った場合も、「お困りですか?」と親切な日本語のボタンは画面上に表示されますが、クリックした途端やり取りはガチ英語に切り替わります。
Google翻訳様があるのでデタラメな日本語をデタラメな英語に変換してサポートに送りつけることは出来ますが返ってくるメールの内容は

「俺、マイク。 おまえの困っているのはきっとコレだろ? リンク貼っとくから見てみ」
というようにたいそう親切な英語で書かれている。

日本国内におけるWordPressの夜明けは一体いつなのか…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください